まだ名もなき書評Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

物語の終わりとは、友人の死。『放浪息子』 著者 志村貴子(エンターブレイン 、2003/07)

志村貴子は変な漫画を描く漫画家だ。抑揚がなく、起承転結らしい物語もない。しかし、人がただ生きている姿、その細かな機微を豊かに描く漫画家だ。

放浪息子』では、登場人物たちが10年の連載の中でどんどん年齢を重ね、考えも好きっだった人も変わっていく。私たち読者は彼らを見守り、ああこの子大きくなったなあ、と思う。

連載漫画とは不思議だ。自分の過ごした時間を共有しているからだ。雑誌派の人は毎月、単行本派は一年に数度、顔を合わせる。そしてまた早く会いたいな、と思う。

女装男子という言葉が出てくる前に、女装少年を描いた漫画がある。やぶうち優少女少年』(1998)、吉住渉ミントな僕ら』(1998)、そして志村貴子放浪息子』(2003)だ。『放浪息子』の主人公、二鳥修一も女装が好きな少年。

ただこの漫画では女装男子はあくまで要素だ。描かれているテーマは月並みな言葉で言うと思春期の揺らぎであり、成長への抗いだ。登場人物達の10代特有の恥ずかしいという感情は誰もが経験していることであり、読者の頰を焦がすことだろう。

1巻では小学生だった修一も最終巻では高校生になっている。あんなにいやがっていたスネ毛も生え、声も低くなった。
女装を理解してくれる彼女もいる。
物語の終盤、高校生になった修一は、自分のことを描いた物語を書こうと決める。

その中で、特に印象に残ったシーンがある。修一が自身を書いた文章を恋人に見せたときだ。読み終えると彼女が「なんだかシュウが死んじゃうみたい」「死なないで」と涙する。

私はこの場面に出くわすまで物語の終焉とは、未来の可能性の提示だと思っていた。
しかし物語は、終わる。長年続いた連載も終わる。彼らの人生は続くが、幕は下がる。

なので物語の終焉とは、未来への提示ではない。物語の終焉とは、長く愛した登場人物たちの死だ。閉幕後の命など本当はどこにもないし、彼らは消えるのだ。
絵と文字の間に、読者は登場人物の鼓動に身を重ね、ひとりの人間として想う。

結局、物語を読み終えることはひとつの死を見送ることだ。