まだ名もなき書評Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

特別な才能はいらない?『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』 著者 藤原和博(東洋経済新報社)

ビジネス

本書によるとこれからのビジネスマンは、ほんの一握りのグローバルエリートと、それ以外の大多数の人々に、はっきりと二極化するという。そして収入の格差は広がっていく。そこで本書ではスーパーエリートでない一般ビジネスマンが、この時代を生き残っていくための極意が紹介されている。

本書によると、7つの条件をすべてクリアすれば、「100人に1人」のレアな人材になり、誰でも稼いでいけるという。

まず全ての人に共通する最初の3つの条件がある。
1つ目は、「パチンコはやめよう」
2つ目は、「携帯ゲームをやめろ」
3つ目は、「本を一冊以上読もう」
これらをクリアすると、「12.5人に1人」の人材になれる。

残りの4つの条件については、自分の生き方によって異なる。それは本書を読んで確かめてほしい。

その自分の生き方には4種類あり、以下の4つだ。

・公務員タイプ
・社長タイプ
・研究者タイプ
・自営業タイプ

あなたはどんな生き方を選ぶだろうか?どの生き方においても、残りの4つの条件をクリアするには、地道にコツコツ時間をかけて継続していくしかない。近道や裏技は存在しない。しかし継続すれば、必ずレアな人材になれる。

本書は、これからの生き方に悩みや不安を感じている人に、オススメしたい一冊だ。この時代を生き抜いて行くための地図と羅針盤を示してくれるだろう。