まだ名もなき書評Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

女子三人組の裸の付き合いを覗き見!『のの湯』著者 久住昌之、釣巻和 (秋田出版)

この作品の主人公の野乃は人力車の車夫をしている。なぜ、車夫の仕事をしているか?。その理由はただ1つ。仕事の後の銭湯が最高だから!。

物語は野乃が引越しをするとこから始まる。下宿スタイルの賃貸。家賃は4万円。風呂なしトイレ共同。ただし、銭湯入り放題。なんと、都内共通入浴券が月に30枚もらえる物件なのだ。そしてそこで出会った2人の同世代の女の子との3人での銭湯生活が始まる。

この作品の作者の1人は『孤独なグルメ』の作者でもある久住昌之さんだ。久住さんの漫画はいつも孤独のグルメブーム、ズボラ飯ブームなど数々のブームを作り出してきた。次は『のの湯』で銭湯ブームを作り出すのだろうか?。これについては非常に楽しみなところである。

さて、この作品の見所としてはまず浅草を中心とした下町の銭湯巡りが楽しめることだ。銭湯ごとに色々な特徴や歴史もあり見ていてとにかく面白い。勉強になる。すぐに行って見たくなる。そして、何よりもの見所はやっぱり可愛らしい女の子達の裸の付き合いが見放題ということだろう。野乃は脱衣所に入るやいなや、服を脱ぎ捨て風呂場へ一直線、一方アリッサは外国人で文化に慣れず、恥じらっているなど3人それぞれ銭湯での振る舞いにも個性もあり皆魅力的である。

私は関東に越して来たばかりでまだ浅草にも行ったことがないが、のの湯片手に是非浅草銭湯巡りをしたいと思っている。銭湯好き、浅草好き、そしてお風呂を覗き見して見たい方々にはオススメの漫画である。

『のの湯』

著者 久住昌之釣巻和 (秋田出版)