まだ名もなき書評Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

ちきりんさんはブログだけじゃなくてTwitterも面白いですよ 『多眼思考』 著者 ちきりん 大和書房 初版 2014/12/1

私はちきりんさんの大ファンだ。

出会いは就活をしていた2013年。
説明会やらなんやらで、新宿に行くことが多くなり、空いた時間でよく本屋さんにいくようになった。
そこで「社会派ブロガー ちきりんさんオススメ」というポップを見た。
「ちきりんってだれ?」って感じであったのだが、ブログを読み一気にファンに。
2013年の年末から今に至るまでのブログのエントリーは全て目を通し、ちきりんさんのブログを使って、ありとあらゆる相談を受けれると自負している。

そんな私は、ちきりんさんが好き過ぎていつの間にかTwitterの呟きも毎日検索し、全て目を通すようになった。ちきりんさんはブログだけでなく、Twitterの呟きも面白いのだ。
そんな日々を過ごしていたらちきりんさんのTwitterの呟きだけをまとめた本が出た。
それが本書だ。
(そういう意味では、私は早くからちきりんさんのTwitterの価値に気づいていたのでマーケット感覚があったといえよう)

「「忙しい忙しい」って言うと、「私は人生で何が大事か、わかっていません」と言ってるみたいな気になるから、言いたくない。」(8ページから引用)

これから始まるちきりんさんTwitterの呟きは、
生きること、働くこと、社会、少子化高齢化と男と女、ゆるく考えよう、ビジネス、ぐろーばりぜーしょん、自立&未来への7つに大きく分類されている。

私はSEなので、
「大手のSIとかITコンサルとかに就職する人も、まずはセブンイレブンマクドナルドでバイトすべきでしょ。システムってどう使われて、何を実現するものなのか、まずそれを現場で理解すべきか。」(48ページから引用)
は正にその通りであると思うし、
「「人生はあと10年!」(と思って生きる)と決めてから、つまんないこと、ウザイこと、つらいことは何もできなくなってしまいました。ごめんよ。神様。」(165ページから引用)
とかもキャラ丸出しで好きだ。
「「将来の夢は野球選手!」という子供に加え、「将来、自分の球団を持つ!」とか、「自分で会社作って世界に広げる!」っていう夢を小学生くらいの子が卒業作文に書くようになってほしい。大人はそれが可能な夢なのだと教えてあげよう。」(195ページより引用)
とかを読むと、ハッとさせられる。

ちきりんさんだから気付く視点がこの本にあり、大変面白い。

「これから世界の問題を解決してくれるのは、「技術」と「市場」だと思ってる。」(280ページより引用)

これなんかはその通りだと思っていて、技術と市場に一生身を置いていたいという自分のキャリアの指針の一つだ。

「そんじゃーね」(285ページより引用)