まだ名もなき書評Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

全員が腹黒い世界!『約束のネバーランド』作者 出水 ポスカ(集英社、2016/12/02)

孤児院では少年少女達は愛に溢れ楽しく生活を送っている。孤児院は塀に囲まれていて、外の様子を知ることはなく、関わる大人は孤児院のママのみ。12歳あるいは条件を満たすと初めて孤児院から出ることができる。少年少女達は外の世界を楽しみに毎日勉強・運動に育んでいる。

ある日、もう直ぐ12歳の誕生日を迎えるエマ・ノーマン・レイは秘密を知ってしまう。ここは孤児院でなく飼育場、自分達は家畜で、優しいママは飼育者だった。出荷の日までに脱走しなくてはならない。

現在(2017年4月)3巻まで発売している本作品。内容は脱出ゲームものかと思えば、騙し騙されの心理戦である。とにかく登場人物が腹黒い!。それが面白い!。3巻ではとうとう出荷日が来てしまったところで終わっているが、なぜ人を飼育しているのかその真相も次巻では明かされそうであり、非常に面白くなって来ている。